カルテット 第10話最終回を迎えてしまいました・・・
ついにこの日が来るとカルテットロスでしばらく呆然と記事も書けませんでした・・・

ま、一生さんの氷結旅するインスタ・動画で癒やされましたがw


 インスタ画像
https://www.instagram.com/issey_tabisuru/

カルテット最終回では一生さんの「センキュー!パセリ」が唐揚げレモン問題とともに、
カルテット4人の音楽をする理由とも結びつき感動しました。

ほんと、こんないいドラマ、久しぶり。

カルテット出演者・スタッフみなさんに、
「センキュー・・・パセリ」とお声を掛けたくなるほどでした。



特に一生さんに対してなので合わせて、

「センキュー・・・パッセイ」でした。

軽くカルテット最終回を振り返りたいと思います。
番組公式ツイッターは、放送開始直前に「まもなく最終回!!今日はキャスト・スタッフ一同打ち上げのため、みんなで観ます!皆さんもご一緒にお願いします!」とツイートがあり、ネットでもリアルタイムでコメントが盛り上がりましたね。

真紀さんがいない間に、真紀さんはもちろん、すずめちゃん、別府君も週刊誌で記事にされたが、家森さんだけ記事にならず・・・これウケましたww

さらに、別府君が無職家森さんすずめちゃんが働いているという・・・無職の別府くんが、まともで働いてるのが異常っていうww

さらに週刊誌に真紀さんのデート?がすっぱ抜かれ、コロッケデートシンドロームになる別府君w
そして、自分の中のキリギリスを殺します!とカルテット解散すると言い出す・・・


すずめちゃんが解散する前に真紀さんにヴァイオリンを返すということになり、真紀さんの居場所を探すのですが・・・ここで、「すぐに見つかります」 ストーカー別府復活( ´ ▽ ` )

近くの団地まではわかったのですがそれから、みんなで演奏をし真紀さんをおびき出すことに!
真紀さんが音楽に気づき、慌てて家の外に飛び出し・・・真紀さんが初めてこけた!!
痛い、派手に転びすぎw
マキさんホイホイ大成功!

4人揃っただけで泣いた・・・ここで泣 タイトルコール! やばい。

真紀さんの白髪と細い痩せた指を見て、すずめちゃんが真紀さんを抱きしめ、
「真紀さん、連れて帰ります!」と・・・

そこへ家森さん、真紀さんの後ろからハグ!!
後ろからハグされたい いいな一生のバックハグ(*´ω`*)


バックハグ


そして、みんなが夢をあきらめるタイミングだと話をする中、真紀さんが、

「コンサート・・・やりません?」

そして大きなホールでするという・・・
そしてそのために「偽・早乙女真紀」の名前も利用し集客するという・・・

そこにすずめちゃんも、それなら私も「元・嘘つき魔法少女」だと言い出す。

別府くんも「別府ファミリーの一員」だといい、家森さんは・・・

Vシネ出てたってw

「無理です!生卵投げられます!」って言ってたマキさんが(涙

みんな、ホントに強くなったよ・・・感動です・・・

そして、家族のような友達のような・・・眼だけで表現する一生さん、すごい!!

届く人には届けばいい・・・

すずめちゃん、不動産屋さんのお客さんに、「あの女(真紀さんのこと、軽井沢にいるんでしょ?」
と聞かれ、
「骨付きカルビ食べながら電柱蹴飛ばして歩いてる」ってwwwwwどんなやばいやつだよwww

そうしてチケット完売したコンサート当日・・・


Mummy-D、アリス登場!!

アリスがセレブそうな外国人にエスコートされ、放った一言がまたww

人生チョロかった

「人生・・・チョロかった!!アハハ!」

こんなセリフ、言ってみたいですね~

この時ばかりは、目が笑ってますね・・・アリスちゃんw



そして・・・コンサートの1曲目に真紀さんが選んだ曲が・・・

「死と乙女」

死と乙女


これの解釈にネットでもいろいろ言われているんです・・・

真紀とすずめの会話シーン
クビに痣
首の痣を気にしている真紀

1曲目って
真紀さん、1曲目ってわざとこの曲にしたんですか?

好きな曲だから
うん?好きな曲だからだよ

別の意味に
真紀さんのこと疑ってきた人は、別の意味に取りそう・・・
(自分は信じているとのメッセージも込めていると思われる)


そうかな
そうかな?
(笑顔で話をスルーしようとした感じ)

しかし・・・追撃するすずめ・・・

なんでこの曲に
何で、この曲にしたの?

(満島ひかりの眼・・・こわ!)

こぼれたのかな

こぼれたのかな?・・・クチビルを口紅で触る真紀
(いたって冷静な感じ・・・)


内緒ね
内緒ね?

(この松たか子の眼と表情・・・)



これは・・・素直に、


殺った・・・

と私は思いましたが、みなさん、いろいろ解釈が分かれているようです。

私と同じで
義父を殺した説

Rie
@chocoholic1118

コンサート一曲目に「死と乙女」を選曲した理由について「こぼれたのかな」「内緒ね」と言うマキさん。「こぼれたものが嘘なわけない」という台詞が伏線ならば、やはりお父さんのことを殺していたのかな。そこでEDの「大人の掟」の歌詞の「大人は秘密を守る」に繋がるのかな。 #カルテット
 


安息説

カルテットの死と乙女という曲、病気の乙女のもとに訪れた死神が死にたくない帰ってくれという乙女に死ぬってことは怖いことじゃなくて永遠の安息なんだよって死神が優しく語り掛けるって話なんだけど、まきさんは社会的に死を経験したけど最終的に永遠に安心できる場所に辿り着けたってことなのかな…


「死と乙女」ニセ真紀さんは、このコンサートを最後に「死」ぬけれども、カルテットドーナツホールとしての「安息」を手に入れたということか。なるほどね(T_T)



病気説(痣から・・・) 

マキやすずめが指を気にしてる描写があって脳梗塞?って思った後にパセリの花言葉が死の前兆と聞き死と乙女の曲のやり取りしてる時マキがすずめに内緒ねって言ったのは病気の事話したのかなー?と思った‼ でも大人は秘密を守るから視聴者にも内緒なんじゃないかな? #カルテット


両想い説

カルテットの "死と乙女" って "司(し)と(早)乙女" って意味らしい。 「愛が溢れちゃった、秘密ね」って言うたのは真希さんが別府さんの事好きやったって事やねんて。 凄くないですか?ねえ、凄くないですか?? 両思いやったって…あそこでこっそり知るねん…すごい… #カルテット

 



とまあ、いろんな解釈があっていいと思いますが、

私は、その前の話が別の意味に取りそう・・・ からの、
もう1回「何でこの曲にしたの?」のすずめの真剣なこわい眼・・・
ソレに対する真紀の「(真実が)こぼれたのかな?」
「内緒ね?」の怖い目から行間を読むと・・・
真紀さんは、死という安息を義父に与えたのではないか・・・と思います・・・

こういうグレーなところもカルテットの楽しめた要因ですね♪


そしてコンサート後の唐揚げレモンの食卓(第1話を思わせる)


センキューパセリ

見て。
見てーーーー。
これ、なんだろう。

パセリ

ありますね

この子達、言ってるよね。『ここにいるよーーー』

パセリみましたか?

パセリ確認しましたか?
パセリがあるときとないとき。
ないと殺風景でしょ。
パセリがいる事を忘れちゃわないで
サンキュ〜パセリ

パセリがあるときとない時。ある。ない。ある。ない。ある。ない。
パセリも言ってるよ〜〜?僕たちはここにいるよ〜〜?(裏声)って。


ここにいるよー


「私たちどうすれば」

「心の中で言うんです。」
「サンキュー、パセリ」

ここにいるよぉぉぉwww

ウケタww


そして、別荘にリスも来てたしw


最後に熱海に向かう車の中で4人が歌うおとなの掟がすごくステキ過ぎでした!


 

おとなの掟
おとなの掟

↑ 配信されてます

DVD/ブルーレイも発売され、ホント何回も見直しますね・・・


カルテット Blu-ray BOX
カルテット Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.03.25
TCエンタテインメント (2017-07-07)
売り上げランキング: 85